おすすめのアニメ・漫画の感想など(ネタバレ注意)

おすすめのアニメ紹介、漫画と小説の感想、アニメランキング、考察etc  

【アニメ映画】 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 【※ネタバレ注意】

http://i.imgur.com/XfQXMi1.jpg

あらすじ
臼井儀人原作のTVアニメの、2001年公開の劇場版第9作。
突如出現したテーマパーク「20世紀博」で大人たちは現実の生活を投げ出し童心にかえって楽しんでいた。だがその裏には、絶望の21世紀を捨て、希望に満ち溢れていた20世紀を永遠に存続させようとする秘密結社イエスタデイ・ワンスモアの計画があった。このままずっと20世紀が続くかに思えたその時、未来を守り21世紀を生きるためしんのすけが立ち上がる。
ファーストカットは太陽の塔だわ、ひろしは半生を振り返るわ豆腐屋のラッパは夕暮れの商店街に鳴り響くわと、子ども向け作品なのに大人のための見どころ満載でいい歳した映画ファンがこぞって号泣、映画秘宝誌にいたっては年間第1位にまで選んでしまった大傑作。一緒に観てるパパママが泣く理由を知りたいちびっ子は、大人になったらもう一度観てみよう。(田中 元)
(アマゾン商品説明欄より)


大人も楽しめる作品

序盤はしんのすけ達が幼稚園バスを運転したり、悪ガキ共の占領しているコンビニに侵入するなどコメディ要素満天で笑わせてくれるのですが終盤になるに連れてだんだんとシリアスになっていきこの作品のテーマみたいなものが見えてきます。子供だけでなく大人も楽しめる作品。

 

作中のひろしの回想シーン
イエスタデイ・ワンスモアの陰謀によって20世紀の世界に囚われていたひろしが、自分の足の臭いがきっかけで人生を回想して家族を思い出すシーン。
この時にかかるBGMや野原ファミリーのアットホームな映像が心に染みます。ひろしにとって家族というのがどれだけ大事なものなのかということが見えてきますね。

 

http://i.imgur.com/FIbbghx.jpg

(脚でしんのすけが落ちそうなのを防ぐみさえ)

http://i.imgur.com/Q2QMGvt.jpg

(ひまわりをなんとかキャッチしたみさえとそれを助けようとするひろし、みさえの脚を支えるしんのすけ

野原ファミリーが鉄塔から落ちそうになるところを協力しあうシーン

野原ファミリーの団結が素晴らしい。みさえやひろしが命を懸けてこどもたちを助けようとする姿に心打たれます。

 

http://i.imgur.com/paokCBq.jpg

「現実はつらいのにどうして?」というチャコの質問に答えるしんのすけ

オラ、父ちゃんと母ちゃんやひまわりとシロともっと一緒にいたいから
喧嘩したり頭にきたりしても一緒がいいから
後、オラ大人になりたいから
大人になってお姉さんみたいな綺麗なお姉さんといっぱいお付き合いしたいから

なんかしんのすけって妙な説得力があるんですよね。彼だからすっと入ってくるセリフってのがある。それだけ彼に人間味や愛着を感じるからですかね。

 

http://i.imgur.com/hHdXnAa.jpg

http://i.imgur.com/V9YWoeh.jpg

http://i.imgur.com/KUGnDHb.jpg

計画が失敗しケンとチャコが屋上から飛び降りようとするシーン

イエスタデイ・ワンスモアの二人が絶望し屋上から飛び降りようとしたところ、しんのすけが「ずるいぞ!」と叫び、鳥が羽ばたいて二人が自殺を踏みとどまるシーンはとても印象に残ってます。

その後ケンが「また、家族に邪魔された」というセリフも感慨深い。

 

http://i.imgur.com/4WSKzUb.jpg

最後に

この映画が素晴らしいのは「昔はよかった」とノスタルジーにひたって終わるだけではなく創作者なりに「家族」という解決策を提示しているところだと思います。そこに良心を感じました。

2001年4月21日公開の映画。つまり14年前の作品です。
10年前にテレビで見た時、私はこの作品の良さに気づけませんでした。少し歳をとってその良さが理解できるようになったのでしょうかね。

こちらもどうぞ

ihopeso.hatenadiary.jp

ihopeso.hatenadiary.jp

広告を非表示にする
ケアプロスト